家族葬を横浜市で行う際の手順

これから家族葬を横浜市で行う場合、手順を把握しておきましょう。最初にやることは業者探しです。これはいろんな方法から葬儀業者を探すことが出来ますが、横浜市で利用出来る業者の一覧はインターネットで調べるのが一番早いです。業者をいくつかチェックしておき、好ましい業者が決まると早速連絡を入れましょう。その後はすぐに打ち合わせを行うことが出来ます。打ち合わせを始める段階で、参加者の人数を考えておきます。基本的に家族葬は家族と親戚、かなり近い知人程度までを参列者とします。連絡すべき人へ連絡を済ませて、打ち合わせでは斎場について話を進めます。自宅でも葬儀が可能なので、費用面で大きな出費が辛いなら、自宅でお葬式をすると良いです。また、祭壇など他の項目についても予算からしっかりと打ち合わせを進めるようにしましょう。

横浜市内の斎場で心のこもった家族葬

一般的に葬儀は通夜、告別式と二日間に渡り行われます。近年では核家族化や高齢化、遠方からの参列者に負担がかからないよう式を簡素化して行うケースが増えています。式を簡素化したからといって故人を見送る気持ちは変わりません。横浜市内の斎場ではより身近な人が少人数で行う家族葬プランが用意されています。火葬のみを行うプラン、通夜告別式を一日で行うプラン、少人数で通夜、告別式を行うプランです。料金も10万円代から30万円代で、寝台車、御安置、ドライアイス、棺、納棺、祭壇、火葬、収骨、案内スタッフと必要なものは全て含まれています。その他オプションで精進料理や花束の手配もできます。菩提寺の無い方は住職の依頼も相談に応じてくれます。その他、葬儀に関する相談も遺族に寄り添ってアドバイスをしてくれるので、故人を見送る心のこもった葬儀が行われます。

家族葬なら横浜市で小さな斎場を見つければ大丈夫

一般葬は斎場を探す時に参列者の人数を考慮して、割と規模が大きな斎場を探すことが多いです。参加者が多くなるほど、斎場の規模も自然と大きくしておかなければなりません。しかし、家族葬の場合はそれほど大きな規模の斎場は必要なく、小さな斎場を確保しておいても十分に葬儀を行えます。近所にある小さな公民館などでもしっかりと葬儀が出来るので、割と簡単に斎場を見つけることが出来ます。自宅を斎場として使わないなら、横浜市の施設を探すことになります。斎場を借りる費用を考慮しながら、最適な規模の施設を探すようにしましょう。もし、自分で斎場を見つけることが難しいなら、横浜市の葬儀業者へ相談しておくと良いです。そうすれば、葬儀業者が最適な斎場を探してくれます。葬儀費用は施設の費用を含めて、総額でいくらになるのかを確認しておきましょう。